スポンサーリンク

 

皆さんこんにちは。

ロビースニーカーズです。

ご覧頂き、ありがとうございます。

 

今回は、先日購入したナイキ カイリー 5 × ロキットが届きましたので、サイズ感履き心地など、詳しくレビューさせていただこうと思います。

サイズ選びなどの参考になれば幸いです。

 

まず結論から言いますと、

結論
・サイズは”いつものサイズ”がおすすめ。
・ナイキの中でも”大きめ”の作り。
・総合評価は3つ半で、個人的には”軽さ”が得に気に入りました。
となります。

では、早速開けていきましょう
ボックスはいつものカイリー5のボックスです。
「パカッ」
「ドンッ」
【スニーカー詳細】

品名: NIKE KYRIE 5 × ROKIT

品番:CJ7853-900

定価:¥17,820(税込)

発売日:2019年3月6日

【販売店】

カイリー5とは?

では、まずデザインを見ながら「カイリー5×ロキット」をご紹介させていただきます。

全体

こちらのカイリー5なんですが、その名の通りカイリー・アービングという選手のシグネチャーモデル、第5番目のバスケットシューズになります。

 

類稀なるボールハンドリングと、クイックネスで、2014年にはNBAオールスターMVPに選ばれた、NBA界屈指のポイントガードの選手です。

 

今回はそんなカイリー5と、2019年オールスターゲームに向けた「ROKIT(ロキット)」とのスペシャルコラボレーションモデルになります。

 

ROKITは日の丸をモチーフにしていることでも知られる、親日デザイナーNICOによるLA発のブランドになります。

 

スケボーストリートバスケなどのストリートカルチャーをバックボーンに、ストリートウェアを展開しているブランドで、過去には24karats、MIZUNO、NOUS、UNDEFEATED、CONVERSE、UNDER ARMOUR などのブランドとコラボも行なっています。

 

機能面では、足の前方部へワイドにクッション性をもたらす新しいテクノロジー、ナイキ エア ズーム ターボを搭載されています。

 

通常のスウッシュと交差するように反転した大きなナイキのスウッシュがプリントされているのが特徴的なデザインで、

 

何より、ボルトカラーのアウトソールが目を惹く一足となっております。

 

細部

交差するスウッシュ。

アッパーの黒い部分とのちょっとした接地面がボルトカラーになっていて、このちょっとした所をこだわる感じが、個人的にはテンションが上がります。

 

よく見ると、このシューレース部分だけでもブルー、オレンジ、ボルトカラーが使われており、なおかつクリア素材のパーツがついていてごちゃごちゃしてる感じなんですが、いやらしさはなく、なんとなく引き締まって見えます。

 

インソールには、ROKITの日の丸をモチーフにしたオレンジのサークルがプリントされています。

 

サイズ感とサイズ選びのポイント

履き心地

まずは履き心地から。

正直靴を履いているのを忘れるぐらいの軽い履き心地です。

 

カイリー5は、ナイキ エア ズーム ターボを搭載しているのですが、特に柔らかいクッション性があるわけではありませんでした。

 

あまりクッション性があると、バスケをする上では邪魔になるでしょうから当然でしょう。

特に今回のモデルは、ポイントガードの選手用の俊敏な動きに対応するスニーカーですので、必要な所に必要な分だけエアを入れた、と言った印象です。

 

サイズ感

今回、私は27.5cm(US9.5)を購入しました。

 

いつもナイキ、ジョーダンシリーズは28cm(US10)を購入しているのですが、28cmを購入出来ず、27.5cmになりました。

(私の足の実寸は27.5cmで、ニューバランスなどは27.5cmを履いています。)

 

結果的に、27.5cm でも全然大丈夫でした。

私はジョーダン3も27.5cmを持っていますが、それはつま先部分が当たって痛みがあるので、長時間は履けない感じでしたが、このカイリー5に関しましては27.5cmでもつま先が当たる感じはなく、ちょうどいいサイズ感でした。

 

ですので、ナイキのスニーカーをお持ちの方は、いつもよりハーフサイズダウンでぴったりだと思います。

ナイキのスニーカーをお持ちでない方は、いつものサイズで大丈夫だと思います。

 

ですが、足幅はいつものナイキ同様、狭めの作りですので、足幅が気になる方はハーフサイズダウンせず、いつものサイズでいいかもしれません。

 

【サイズ表】

 サイズ (小⇔大)
サイズは標準的。ナイキの中では大きめの作り。
甲の高さ(低⇔高)
若干低め。
 足幅 (狭⇔広)
若干狭め。
 ワイズ (狭⇔広)
若干狭め。

 

よかった点・悪かった点

ここがよかった

ポイントガードの選手のために作られたバスケットシューズだけあって、とにかく軽いです。

 

最初持ってみてびっくりしましたが、フライニットモデルかと思うぐらい軽いです。

 

ここがちょっと

個人的にはあまり気になる所はありませんでした。

 

今回ご紹介したモデルはかなり派手めですので、好みは別れるとは思いますが、スニーカー自身の欠点は見当たりません。

 

総合評価

独断と偏見で、カイリー5を評価させていただきますと、

星4つ半になります。

ローカットモデルで形はシンプルなんですが、軽さだったり、細かい所のデザインなど、実際手にとって履いてみると見た目のシンプルさとは裏腹に、奥深さを感じることができた面白い一足でした。

 

エアマックス90に近い感覚で、シンプルなんだけど飽きないような、「定番」と言われるスニーカーに近いような感覚を覚えました。

適度にボリューム感もありますので、いろんなパンツに合わせやすく、街履きとしても全然大丈夫だと思います。

かなり軽いので、長時間履く場合にも対応できるオススメの一足です。

 

まとめ・販売店

カイリー5は、2018年に発売されたバッシュの中で、かなりブレイクしたモデルだと思います。

同年のモデルでは、レブロン16や、PG3と共に現在のバッシュを代表するモデルです。

 

その証拠に、カイリー5だけでかなり豊富なカラーリング、デザインが展開されていますので、ぜひお気に入りの一足を見つけてみて下さい。

 

販売店

【その他のカイリーシリーズはこちら】

【レブロン16、PG3のレビュー記事】

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

この記事がいいなと思ったら、ぜひTwitterフォローお願いします。

Twitterでしか配信しないタイムリーなリストック情報や、スニーカーの販売情報を配信しています!

 

また、instagramの方もしておりますので、こちらもチェックしてもらえると幸いです。

こちらから@lobby_snkrs

あなたのフォロー、お待ちしております。

スポンサーリンク